息子の幼少時、アレルギーに悩んでいた私、今の私だったらどうするか?

子育て 幼児期
スポンサーリンク

息子はアレルギー体質で、
生後すぐ脂漏性湿疹になり、
その後食物アレルギーが発覚、
ステロイドも使いました。

 

夫もアレルギー体質なので
遺伝という要因もあるのですが、
息子を産んだ私自身を責めて
落ち込むこともありました。

当時の私は
息子のアレルギーを治そうと
頑張っていましたが、
視野が狭かったと
反省しています。

アレルギーは治すというより
体質を改善させることが大事で
生活全体を見直すことを
こころがけた方がいいと
今の私は考えています。

スポンサーリンク

アレルギーは治すより体質改善を目指す

当時、
息子がアレルギー検査したところ、
犬・猫や食物、花粉、ダニなど
色々な物にアレルギーを持っていました

特に犬と卵には反応がひどく、
湿疹など症状が出ていました

犬に関しては、
近づかなければ問題はありません

しかし、
卵に関しては気を使いました

加工食品を買う時には、
原材料に卵や卵白が入っていないことを確認

特に、「おやつ」に買うお菓子には
卵が使われていることが
多かったので、
パッケージに書かれている
原材料名を見ていました

当時の私は、
卵さえ食べなければ良い
と考えていました

卵の入ってないお菓子を
息子の為に作りましたが、
そこには砂糖や小麦粉を
たっぷり使っていました

その為息子は
甘いものが大好きになり、
その後別の問題も起こりました

卵を食べていなくても
環境の変化やストレスなどで
湿疹が出ることもありました

私の実家に息子1人で泊りに行き
夜になり湿疹が出て
翌朝慌てて迎えに行くことも
何度かありました

その時は
アレルギーを治したいと
考えていましたが、
そう簡単に治るわけではなく

薬を使って
湿疹を治すことはできても
アレルギー体質を治すことは
できません

湿疹で痒がっている息子に
自分のせいだと
申し訳ない気持ちになっていました

確かに、
妊娠前後の私の食生活も
息子のアレルギーの一因ではあると思います
でも、それを悔やんでも仕方ありません

それよりも
息子のアレルギーをきっかけに
息子だけでなく家族の生活を
見直す機会をもらったと考えて
今後の生活に活かしていくことが
大事だと思うのです

子どもが外を歩けるようになったら
天気のいい日には
親子で近所を歩いたり

成長したら、
一緒にスポーツやハイキングに
行ったりして、
身体を鍛えることも大事です

家の中に埃をためないよう
掃除も欠かせません

食生活は、
日々の食事を用意する人が
意識をすると
家族の食生活が改善されます

食品添加物や化学調味料を
口にしないことも大切です

添加物や化学調味料は、
自然本来の食品ではないので、
身体から見れば
栄養もない異物なのです

異物を消化、解毒しようと身体は働き
負担になるのです

身体を鍛えること、
薬や添加物を体内に入れないことで
身体が本来持っている免疫力が高まり
丈夫な身体になります

家族全員が気をつけることで
子どものアレルギーが
軽減するだけでなく、
親の生活習慣病予防にもつながれば
うれしいですよね

「ハレ」と「ケ」で暮らしてみませんか?

「ハレ」と「ケ」という言葉を
知ってますか?

日本人は古来、
祭礼や年中行事などを行う日を
「ハレ」の日と呼び、
普段の日常を「ケ」と呼んで
非日常と日常を
使い分けていました

「ハレ」の日は特別なので
おしゃれをして「晴れ着」を着たり
ごちそうを食べる日です

「ケ」はそれ以外の普段の日
現代の日本では、
日々「ハレ」の日のような生活に
なっていませんか?

「ハレ」は
家族の誕生日や年中行事など
月に1回か2回ほどにして

あとは「ケ」の日とするのです

「ケ」の日は、
食事も手の込んだ料理ではな
くシンプル、質素でいいのです

一汁二菜で十分です

そうすれば作るのに
手間も時間もそれ程かかりません

市販の調味料や
レトルト食品、冷凍食品を使うのも
時短で、簡単ですが

化学調味料や食品添加物が
入っているので
アレルギーがなくても、
口にしない方がいいのです

調味料の使い残しもなくなり
家の中や冷蔵庫の中もスッキリします

余分なものを買わなくなれば
経済的にも助かります

「ケ」の日を日常とすることで
今まで以上に「ハレ」の日を
楽しむこともできると思います

まとめ

子どものアレルギーは、
遺伝や過去の両親の生活習慣の影響も
受けています

しかし
その過去や相手を責めずに
両親で生活の改善に努めれば
以前より健康的な生活を
家族全員で手に入ります

それを気付かせてくれた
アレルギーに感謝をしましょう!
とまでは言いませんが、

気付かせてくれたと受け止めて
生活を改めることで
家族全員が健康的な生活に変われます

そんな気持ちで、
子どものアレルギーと
向き合っていくのがいいのではないか
と思います

そうしていくうちに、
アレルギーも軽減していくのです

コメント