小学校でPTA役員を引き受けたら、中学では広報委員長になってしまったこと

子育て 幼児期
スポンサーリンク

私は息子が小学生の時にPTA役員の書記を2年、卒業対策委員会を1年、中学生の時に広報委員長を2年間務めました

小学校の時のことは、別のブログをご覧ください

今回は、小学校の時の役員経験が、広報委員長につながってしまったところからです

委員長は責任が重く、仕事量が増えて大変ですが、得したこともちょっぴりありました

委員長を務めたのは息子が中学2,3年の時だったので、卒業式には私自身も学校を卒業するような気持ちになったことを覚えています

スポンサーリンク

委員会選びを失敗した私

息子が小学校の時に、PTA活動は十分やったと思ったので
中学の時はPTA活動は正直やりたくありませんでした

しかし、中学になるとお母さん方も働き始める人が多くなり、保護者会に参加する人数も減ってきます
私もパートはしていたのですが、保護者会には毎回参加してました
すると3年間委員をしないのは難しく、2年生のうちに済ませてしまおうと考えました

そこで選んだのは、広報委員会

以前友人から、広報委員は行事の時に写真撮るくらいだからラクだよ~と聞いていたし
運動会の時などに広報の腕章して、いいところで写真を撮っているのをみて、ちょっと役得だからやってみようと思ったのです

しかし、自分が委員長になるとは全く思っていなかったのが、間違いでした

そこで私からのアドバイス
委員会を選ぶ時は、委員長になっても自分にとって負担が少ないと思う委員会を選ぶのがおすすめです
最悪の事態を想定しておくのは大事ですよね

小学校時代のご縁は続く

ヒラの広報委員で1年間務めればいいだろうと思って参加しましたが
委員長を決める時に予想外のことがおきました

初回の委員会で、委員会の役割決めをします
そこで副委員長は立候補する人がいても、委員長が決まらず、沈黙の時間が流れます

沈黙に耐えて下を向いていると、私の横に誰かが立って「委員長やってくれない?」と囁くのです
見ると、小学校の時にPTA役員でお世話になった人で、中学でも役員をされていました

当然周りの人は私の方を何事かと見るし、そこで固辞することができずに委員長を引き受けました
中学になっても小学校の役員さんとのご縁は切れていなかったのです

長と副の違いは大きい

広報委員とは、広報誌を発行するための委員会です
私には全くわからないことだらけでしたが、各委員会には引き継ぎノートがあり
それと、それまでの広報誌を基に年間計画を立てて、活動していきます

ですから全く経験がなくても、なんとかなるのです
また、副委員長になった人は以前も広報委員を経験していて、頼りになりました
つまり、副委員長は委員長の大変さを知っているから、先に副委員長に立候補したことがわかりました

委員長になると、委員会の中だけでなく学校側やPTA役員さんたちとの会合や関わりもあります
委員長だからといって、毎回打ち合わせに出なくてもいいのですが、
あとで内容を確認しなければならないので、なるべく自分で参加していました
私のいないところでも委員さんに何かミスがあると、委員長のところに来るので
その責任の重さを実感しました

しかし委員長になって一番大変だったのは、決められた係をドタキャンする人がいたことです
行事の前日の夜に「明日は都合が悪くなったので行けません」と電話が来たり、集合時間に遅刻したりで、
その度に慌てて自分が代行したり、代わりの人を探すなどしました

先頭に立って人をまとめることや、物事を予定通りに進めるなど、結婚してからは無縁だったので、社会勉強になりました

委員をやってよかったこと

息子は中学生になると、親と会話をしなくなります

そんな時に広報委員の集まりで土日に中学校に行くと、部活をしている子どもたちを見ることができました
息子はテニス部で、テニスコートは校舎に近く、窓から息子がテニスをしている様子が見えました
私が見ているのが息子にわかると、あっちへ行けとジェスチャーされるのですが、こっそり見ていました
部活動の授業参観はないので、これはとても嬉しかったです

中学では教科ごとに先生が変わりますが、授業中の様子や部活の時の様子などを話してくれる先生もいて、担任以外からそういう話を聞けるのもうれしいことですよね

中学生になると制服になりました
入学時大きめに作っていても、予想以上に成長して制服がきつくなってしまう子がいます
そのため、卒業生が制服を寄付してくれることがあり
役員会で制服を預かり、欲しい人に貸し出したり、または寄付を募ったりしていました

息子も予想以上に成長して、上着が小さくなってしまい、制服を寄付に出すという役員さんの情報をきき、速攻で頼んで上着を1年間お借りすることができました
この時も役員さんとつながっていてよかったと思いました

まとめ

中学生になると、子どもとの会話が減る分お母さんたちの情報交換は活発になります
高校受験もあるので、横のつながりと同時に縦のつながり、先生との関わりがあると親として安心できました

それから親がPTAを頑張ると子どもの内申点がよくなるという噂も聞きましたが、それはうちには関係なかったようです

多くの人は敬遠するPTA活動ですが、何かしら得られる経験や人とのつながりもあると思いますし、自分なりに楽しみをみつけてチャレンジしてみるのも悪くはないと思います

コメント