働く母にはPTA改革も必要ではないかと思う

子育て 思春期
スポンサーリンク

働く母が増えている中で
PTAは変わらずにあるようです

働くお母さんにとって
春はPTAの存在が大きくなります

PTA自体はないと困ると思いますが
時代に合わない委員や活動は縮小できたらいいのに

保護者に負担が少ない活動であれば
気楽に参加できるのではないかと思います

今までは学校内の様子は
足を運ばないとわからなかったけれど

現在は学校がホームページを作成し
校内の様子がわかるようになっています

それでも先生方と関わりたい人は
PTA役員をするでしょうし
クラスの保護者の代表もあった方が
都合がいいでしょう

女性の社会進出が求められている中
PTAのあり方は変わっているのでしょうか

 

スポンサーリンク

PTAは縮小できると思う

4月になってお母さんを悩ませる保護者会
その理由は、PTAの委員決め

私の職場でもフルタイムで働くお母さんが
保護者会に出るために
ため息をつきながら早退します

私はPTA色々やりましたが
今の時代に本当に必要なのか
疑問に思うことがあります

PTAというのは
先生と保護者だけでなく
地域の町内会とのつながりなどもあり
変えることが難しいことでもあります

多くの人がPTAの活動に負担を感じているので
その声をまとめて届ければ
変わっていくと思うのです

 

広報委員会は必要か?

私は息子が中学時代に広報委員長をしました
仕事は広報誌をつくること
広報誌は在校生の家庭だけでなく
近隣の学校にも配布していました
これ、今の時代に必要ですか?

今学校はホームページを作っていて
その日の給食とか学校行事を載せています
紙媒体の広報誌は、いらないと思うのです

 

防犯パトロールは誰がやるか?

 

朝と夕方、当番があるからと
遅刻、早退することがあります

交通事故の多い場所に立って
旗振りしたり

夕方遅くまで遊んでいる子に声をかけたり

それは保護者ではなく
学校がボランティアや
どこかに委託をするなどして
お母さんの負担を減らせると思います

必要なこともある

ベルマーク集めて学校の備品を購入

これは子ども達の為になるので
あったらいいですよね

インクカートリッジにもベルマークついてて
これはかなりポイント高いです

小学校の卒業対策委員会もやりました

 

卒業アルバム作ったり
子どもへの記念品を考えたり
大変でしたけど
アルバム作りは楽しかったです

スポーツのサークルも楽しそう

 

私は所属していませんでしたが
バレーボールやバドミントンのクラブに
所属している友人がいました

お母さん同士のつながりができて
楽しそうで、いいですよね

決めるのはPTA役員

やってみれば楽しいこともあり
全てが無駄ではありませんが
中には時代に合わないことや
保護者以外でもできることがありそうです

 

まとめ

 

私はパートで働きながら
PTA役員や委員長などをしてきました

自分の子が世話になっている学校の為に
ボランティアをする気持ちで
PTA活動に参加していました

多くの保護者が同じ気持ちを持っていると思います

その気持ちを上手に生かせるような
組織や活動になれたら、
春のPTA委員決めも憂鬱な行事ではなくなるように思います

コメント