子どもに性教育していますか?息子に彼女ができた時に渡したもの

子育て 思春期

息子が大学生になった夏
初めて彼女ができました

それを聞いて
私はドラッグストアに行き、コンドームを1箱買い
言葉を添えて、息子に渡しました

スポンサーリンク

息子の将来を考えて、コンドームを渡しました

 

 

息子から彼女ができたことを知らされ
とてもうれしい気持ちになったのと同時に
伝えなければいけないことがあると思いました

性や性行為に関することを知っていても
安易な気持ちで性行為をしてほしくない

そこをきちんと言葉にだして
伝えておきたかったからです

話のきっかけを作るために
そして、
いざという時の為に持っていてほしいと思い
コンドームを買ってきたのです

その時のなりゆきで性行為をして
彼女を妊娠させてしまったら

大学生になったばかりの二人の人生が大きく変わってしまうこと

彼女の人生を背負うのか
宿した命を絶ってしまうのか

そのような選択を息子にさせたくないし
彼女やそのご家族に辛い思いをさせたくありません

避妊することは
彼女の体を守るだけなく
息子自身の人生を守ることでもある
ということを
伝えたかったのです

相手への思いやり

 

異性との交際だけでなく
日頃から自分より弱い立場にある人を思いやることができているかは
人として大切なことです

普段から弱い立場の相手を力で押さえつけるような人は
男女交際においても同じことをするかもしれません

自己中心的な行動で
相手を傷つけることのないよう
小さい頃から思いやりの心や自制心を育てることは
親の大切な役目だと思っています

普段から性について話せる家庭

普段から家庭内で性に関することが話せる環境作りも大事です

うちは息子が生き物好きなので
動物の生態に関する番組をよく見ていました

その中では
生き物たちの交尾(生殖活動)のシーンもあります
そして子どもが生まれて、子育てをする

親子でそういう番組を見ていました

ですから
生殖活動は子孫を残すための大切な行為という認識が
早くから息子の中にできたと思います

また息子が小さい頃から
女性の生理の話もしていました
私が生理痛で辛い時は息子に
「生理痛でお腹が痛いから、少し休むね」など
正直に伝えていました
そこから生理や女性の体について話もしました

学校の保健体育や漫画などで得る知識だけでなく
実際のところを伝えることで
女性を労わることができると思います

実際、家庭内でこのような会話をしていたせいか
彼女が生理で体調が悪い時などは
デートの日も早めに帰宅します

「生理で体調悪そうだから、家に帰した」
と言って家で夕飯を食べる息子を見て
なんて紳士なんだろうと思います

まとめ

息子にコンドームを渡したのは
避妊すれば大丈夫、ではなく
自分の行動に責任を持ってほしかったから

もちろん使ってもOKなんですけど
相手への思いやりを忘れず、
軽はずみなことをしないように
とのメッセージを込めました

コメント