ググるだけじゃダメ!「トムとジェリー」最終回にふり回された

私が思うこと
スポンサーリンク

アニメ「トムとジェリー」を知っていますか?
息子も私も好きで、よく見ていました

でも最終回ってあったかな?
私が「トムとジェリー」の原画展に行ったことがきっかけで
職場で話題になりました

同僚は最終回がかわいそうで
「フランダースの犬」と同じくらい泣いたというのです

私の記憶に最終回はなかったので、
その場で検索
すると、最終回の動画やブログ記事が出ました
その内容は同僚の言う通り、悲しい結末でした

しかしそのストーリーに違和感を感じ、
検索を続けると
同僚の言う最終回は「都市伝説」で
実際には放映されていなかったのです

わからないことは「ネットでググって検索」が増える中
情報の真偽を確認することが重要です

ググって解決!で得た情報が誤った知識にならないようにするには
どうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

作られた「トムとジェリー」の最終回

ネット内で語られる最終回のストーリー

自分の死期を感じた猫のトムは
ネズミのジェリーの前から姿を消す

ジェリーはトムが姿を消したことに気づき
事情を察する

しばらくして新しい猫が現れる
その猫は
トムより小さく動きものろい

ジェリーはトムにしたように
からかってやろうと罠を仕掛ける

ところが
のろまなはずの猫は
罠にかからずジェリーを襲い
ジェリーは致命傷を負う

その時にジェリーは
トムはのろまな猫ではなく
やられたふりをして
遊んでくれたことに気づく

遊び相手になってくれたトム

そしてジェリーもあの世へ旅立つ

○○で検索の危険

 

今回「トムとジェリー」の最終回と検索すると
動画やブログがたくさん出てきました

でもそれは誰かが作ったもの

「トムとジェリー」は
ワーナーブラザーズが制作していて
最終回は迎えていません

しかし同僚は子どもから見せられ
本当であると信じたのです
信頼関係のある人から得た情報は信じてしまいがち

しかし検索順位の下の方を見ると

最終回はデマ」とか
「本当の事とは?」という
ブログのタイトルが現れます

それらの内容をみると
実際には最終回はなく、
動画は作者不明、
誰かが作ったものだというのがわかりました

このように

検索順位が上位でも
正しい情報とは限らない
のです

 

情報を判断する力を養う

 

上位表示された情報が正しいとは限らないと知っておく

 

今回のトムとジェリーの最終回のように
実際には最終回ではない動画が上位に表示されているのです

上位表示された情報が正しいとは限らないと
頭に入れておきましょう

 

発信者を確認する

誰がその情報を公開しているのか、
わかりますか?

情報サイトのURL(https://○○で始まる)を見ると
公的な機関や企業であるか
個人のサイトなのか
わかりやすいです

官公庁や企業などの公式ホームページは信頼できると思います

今回の動画も
トムとジェリーを制作している
ワーナーブラザーズ制作の動画だったら
本当です

「トムとジェリー」の公式チャンネルを確認しよう

こちらが

ワーナーブラザーズ「トムとジェリー」の公式チャンネル

最終回は見当たりません

1つの情報を信用しない

検索した時に複数の情報に目を通してみましょう

今回も動画を見ただけではわかりませんが
その後に続く記事をみていくと
誰かが作った動画であることを記載しているブログがあります

複数の情報を得ることで確認が取れます

自分の勘も働かせよう

検索結果に「本当?」
と思うことがあります
怪しいなと思ったら
きちんと疑って調べましょう

信頼する人からの情報であっても
その情報は間違っていることもあるからです

最終回の動画を見て
トムとジェリーのアニメをよく見ていた私は
ストーリーに違和感を感じました

違和感を感じたら、
検索ワードを変えてみる
サイトのURLを確認するなどをしてみましょう

違う答えが出てくることがあります

まとめ

「トムとジェリー」の最終回が都市伝説
という結果に同僚はショックを受けていました

現代は、大人も子どもも
多くの人がスマホを持っています
そしてわからないこと、
気になることは
簡単に検索するようになりました

それ自体は悪くないのですが

思春期の子は
親との関係が希薄になる時期でもあり
親の言うことよりも
スマホで得た第三者の情報を受け入れてしまいがち
これは少々危険です

得た情報をどう判断するか
調べたうえで、
それが本当のことなのか
情報を判断する力も必要です

アニメの最終回は
笑い話ですみますが

書かれていること
言われたこと
そのまま受け入れてしまうと
チェーンメールや様々な手法の
詐欺の被害にあうかもしれません

大事な人との信頼を
失ってしまうこともあります

情報化社会だからこそ
情報に振り回されないように大人も子どもも
気をつけましょう

 

コメント