コンビニおにぎりではなく手作りを息子の彼女に渡す理由は、食生活改善のお手伝い

食育
スポンサーリンク

息子の彼女は大学の同級生
ランチタイムにデートするらしい
その話を聴いて知ったのは
彼女のお昼は、
「食べない・ゼリー飲料・コンビニおにぎり・
お菓子」このバリエーションらしい

理由は
・お腹がすかないから
・少ししか食べられないから

この話を聞き、このままでは

生理不順になるし
将来、不妊体質になりかねない

息子と結婚すると決まったわけではないが
知ったからには、知らぬふりはできず
食生活改善のお手伝いをはじめました

その為に私がしたことは

息子が彼女とお昼を食べる日は
彼女の分のおにぎりも持たせました

スポンサーリンク

口にするものに関心をもってもらいたい

食の細い息子の彼女
大学受験のストレスで
ご飯が食べられなくなったそうです

高校時代は運動部に所属をしていたので
普通に食べていたのが
次第に食べられなくなったそうです

食欲がない時は
無理に食べなくてもいいけれど

食べたい時に何を食べるかというのは
大事なことだと思います

車や機械は、ガソリンや電気で動きます
でも人は、機械ではありません

ただエネルギーとして
ゼリー飲料やお菓子で
お腹を満たすだけでいいのでしょうか?

これから妊娠、出産をするであろう
若い女性には
食べた物で身体が作られていることを
知ってほしいのです

すぐに病気にはならなくても

私のように出産した時に
子どもがアレルギーを持って生まれたら
子どももお母さんも苦労が増えます

本当はこれには
性別は関係ないと思っています

ですから
息子にも毎日お弁当を作っています

市販の冷凍食品を使わないのがマイルール

なので、おかずは何種類も入れません

男子は肉さえ入っていれば文句ないので
楽ですが、見た目は悪いですが
添加物は極力さけています

彼女は、他人の作ったものを
食べられないタイプではなかったので
最初は
ピンポン玉位のおにぎりを作りました

お腹がすかないからと
始めは渡しても食べなかったそうですが
そのうち一緒に食べるように

またうちに遊びに来た時は
夕食を一緒に作って食べました

息子と一緒に簡単な手伝いや
片付けもしてもらい
食事を作って食べる、片付けるまでを
一緒にやってもらいました

最初は、このことで
別れることになってしまったら
申し訳ないなと思っていました

しかし、そんな様子もなく
家で餃子を作って食べたり

お昼のおにぎりも
ピンポン玉サイズから
コンビニサイズになって
完食するようになりました

うちで夕食を食べる時も
以前は本当に少食でしたが
最近はご飯をおかわりしています

以前は
よくお腹が痛くなっていたらしいのですが
最近は痛くなることが減ったとか

実際に
食べ物を変えたことで
身体に変化があり、改善されると
継続する気持ちがわきます

息子といる時は
お昼をお菓子ですませることも
しなくなったようですし

買う前に原材料表示を見ることを
するようになったようです

少しずつ、自分の食べる物に関心が
でてきたようで、うれしく思います

この先も
自身の口にするものに
関心を持ってもらいたいです

ゼリー飲料はバランス栄養食ではない、その理由

ゼリー飲料を食事の代わりにする人を
時折見かけます
駅のホームや歩きながら、
ゼリー飲料を口にしているサラリーマンや学生
食事を食べる時間がないのでしょうか?

そんな人たちには便利なゼリー飲料ですが

原材料表示を見たことがありますか?

あるゼリー飲料の原材料は
↓のような表示でした

原材料:砂糖、りんご果汁、乳製品乳酸菌飲料(殺菌)、ホエイタンパク(乳成分を含む)、デキストリン、食用植物油脂、ゼラチン、水溶性食物繊維、寒天/酸味料、香料、増粘多糖類、乳化剤

・1袋(215g)200kcal
・10種類のビタミン(ビタミンA・B1・B2・B6・B12・D・E、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)をはじめ、4種類のミネラル(カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、リン
)、タンパク質、脂質、糖質を手軽に摂れるバランス栄養食
・ビタミンは1日に必要な量の約半分含みます

栄養成分表示 1袋(215g)当たり エネルギー:200kcai、タンパク質:8.2g、脂質:4.4g、炭水化物:33.2g(糖質:31.2g、食物繊維:2g)、食塩相当量:0.08g、カルシウム:200mg、マグネシウム:50mg、リン:175mg ビタミンA:385μg、ビタミンB1:0.6mg、ビタミンB2:0.7mg、ビタミンB6:0.7mg、ビタミンB12:1.2μg、ナイアシン:6.5mg、パントテン酸:2.4mg、葉酸:120μg、ビタミンD:2.8μg、ビタミンE:3.2mg

数字だけ見ると、ビタミンやミネラルを
バランスよく取れそうですね

しかし、糖質約30gは砂糖からとることに
なるようです

3gのスティックシュガーを
10本食べていることになります

砂糖を食べると、体内でカルシウムや
ビタミンB1、B2が消費されてしまいます

ですから、ゼリー飲料にビタミンや
ミネラルが入っていても
砂糖を同時にとっているので
表示通りに摂取できていると思えません

これでバランス栄養食なのでしょうか?

コンビニのおにぎりは安全か?

コンビニのおにぎりも
忙しい人には重宝されています

暑い時期には
食中毒予防の為に手作りより安心と
子どもにコンビニのおにぎりを持たせる
お母さんもいます

具材も豊富で家のおにぎりよりおいしい
という子もいます

コンビニで売られている商品が
美味しいのは、
ライバル店に勝つために研究しています

自分で作ったおにぎりを
冷蔵庫にしばらく入れてから
食べたことがありますか?

温めなおさないと
硬くて、ボソボソです

でも、コンビニのおにぎりは
冷蔵棚に置いてあり
温めなくても美味しく食べられます

それは、お米を炊くときに
塩と油を入れると
冷めても硬くならず
そこに「うま味調味料」も入れると
美味しいと感じるのです

具材によっては
読んだだけでは、何なのか
予想もつかない物が入っています

おにぎり、1個に入っている
油脂や添加物は大した量ではありません

でも、毎日食べていたらどうでしょう?

私は毎日食べる物は
できるだけ余分な物が入らないように
心がけています

手作りおにぎりでも、息子がお腹をこわさない理由

今年は早くから暑い日が続いて
さすがにお弁当やおにぎりをもたせるのは
心配になりました

お弁当を冷ましてから
保冷バッグに保冷剤を入れて持っていきました

おにぎりをにぎる時も
炊き立てご飯を使い
手水は梅酢や酢を使います
そして塩を多めにします

余談ですが、
アツアツご飯を使うので
食品ラップは使いません

ご飯の熱でラップに含まれる
化学物質が溶けてご飯についてしまうからです

息子が生後3歳の定期健診の時
保健センターの人に言われたことがあります

当時は、タイのバンコクに住んでいて
日本に一時帰国した時に定期健診を受けました

健康状態のことなどを聞かれ
普段バンコクで生活していることを話すと
「あら、ではこの子は他の子と腸内細菌が違うわね」

つまり、生活している場所や普段の食生活で
腸内細菌は人それぞれなのです

普段、目に見えませんが細菌は沢山います
その中には人体に害を及ぼす菌もあります
しかし、人は年中食中毒を起こしません

それは唾液、胃液が殺菌してくれて、
腸内細菌が環境を整えています
体内では、免疫機能が働いているのです

危険だからと、除菌殺菌をし過ぎると
体内の常在菌まで除菌してしまい
免疫機能が狂ってしまうこともあります

菌に負けない、強い免疫機能をもつ
身体を作ることが
食中毒にならない理由でもあります

最後に

便利さや安易な食物の選択で
気がつかないうちに
身体に負担をかけています

それが生理不順だったり
不妊の原因になってしまわないよう

日々、口にしている物が
どんな物からできているのか
関心を持つことで
家族の健康が守られると思います

コメント