食べ盛り中高生男子のおやつ問題と料理男子への道

食育

食べ盛り中高生男子の食欲は、親の想像を超えます

袋菓子1袋では足りず、ストックしても、あればあるだけ食べられてしまうので、特売日にまとめ買いしても節約になりません

だったら冷食のピザや肉まん、パスタはどうかとこれも特売でまとめ買い

そうすると冷凍庫がいつもパンパンだし、冷食も袋菓子も脂肪分とか糖分、添加物が成長期の体にいいのか気になりました

そこで親の負担にならなくて、体に優しいおやつにしようと思いましたが
手作りおやつは親の負担になる

だから体に優しくて子どもが自分で用意できるおやつがあれば、親は助かります

おやつから始まった自分で用意することが、大学生の今では自炊もできるようになり、親の負担が減っただけでなく、頼もしく思うようになりました

スポンサーリンク

食べ盛りの空腹を満たす健康的で節約おやつ

ポテチも冷凍肉まんやパスタも特売日に買う手間とお金を考えたら、家の残り物を息子のおやつにする方が経済的だと気づきました

そこで考えたうちのおやつをご紹介します

おやつリスト

 

ご飯

朝晩で余ったご飯はおにぎりにして冷蔵庫保管
食べる時にしょう油や味噌をつけてトースターで焼くか、レンチン

一膳分をレンチンして、納豆や卵かけご飯にしてもいいのですが
それだとおやつという感じではなく、食事になってしまうのでイヤだと息子に言われ、うちではおにぎりになりました

パン

主に食パン
マヨネーズやケチャップをぬり、チーズやソーセージをトッピングしてトースターで焼きます
甘くしたい時はジャムやはちみつ
時間と気持ちに余裕があると、フレンチトーストを作ります

菓子パンは買いに行く手間と高くつくので用意しません

お正月だけでなく、冬の間は常備してあります
オーブントースターで焼いて、磯辺巻きやきな粉餅にしたり
お味噌汁が残っていたら、雑煮風にして

シチュー、カレー

耐熱皿にご飯を入れて、残ってるシチューやカレーをかけて上にチーズをトッピングすると立派なドリアになります

シチューやカレーもこのままご飯にかけると、昨日の晩御飯と同じになってしまうので、一工夫します

パンケーキ、カップケーキ

市販のパンケーキミックスを使う時もありますし、薄力粉とベーキングパウダーで作る時もあります

プレーンで焼いてジャムやシロップをかけるのは定番ですが
生地に具材を加えるとシロップを使わなくてもおいしくなります
具材は、チーズ、コーン、ミックスベジタブル、干しぶどう、リンゴやバナナなどその時あるもので

写真のパンケーキは、トマトジュースと粉チーズ入りです
甘くないので、甘いのが苦手な子にもおすすめです

友人が来ている時に絵本の「ぐりとぐら」をまねしてフライパンにタネを一度に流しこみ、弱火で焼いたものを出しました
大きなパンケーキにみんな驚きの声を上げて喜んでくれます

火加減に気をつければ1度ですむので、何枚も焼くより簡単なのです

さつま芋(干し芋)

息子も私も大好きなのですが、買うと結構高いですよね
それで冬になると自家製干し芋を作ります

サツマイモを1キロくらいまとめて蒸し器で蒸します
初日はアツアツをふかし芋で食べて、残りをスライスして3日くらい干します
硬くなったら保存袋に入れて、冷蔵庫へ

干している1日目、2日目と食感が変わって、それぞれ美味しいです
日々つまみ食いをするので、数が減ってしまいますが、それも自家製の楽しみの1つです

リストにあるおやつは、わざわざ買うことをせずに、その時家にあるものでおやつとしていました
どうしても炭水化物が多くなりますが、そこをチーズやウインナーソーセージなどでカバー、芋類も炭水化物だけど、ビタミンもとれるからおすすめです
母親から見ると、お昼ご飯レベルですが息子にとってはおやつです

番外編の携帯用おススメおやつ

ミックスナッツ

これは買ってます
気をつけるのは買う時に、味のついてない小袋タイプにすること
息子は1,2袋もって行きます

おやつはどうしても炭水化物が多くなるのですが、ナッツは低糖質で、噛み応えもあり腹持ちがいいのでおすすめです
しかも保存がきくので、何かあった時の非常食にもなるので、大人にもおすすめです

おやつを子どもが自分で作れるようにしたら、料理男子になった

夕飯を作る前に息子のおやつを用意して、それから夕飯を作るのは面倒ですよね
だから市販のおやつを買ってしまいます
でも子どもが自分でおやつを作ってくれたら、親は助かります

そう思って、息子に自分でおやつを作らないかと話を持ちかけました
好きに作っていいという言葉に、息子はのってくれました
息子は小さい頃からクッキーの型抜きなどをしていたので、作って食べることに慣れていたせいもあると思います

慣れないうちは、失敗もあるし、時間もかかるけど、そこは寛容に対応
ここで、下手とか遅いとか言ってしまうと、子どものやる気を失わせてしまうのは勉強と同じ
上手にほめて、おだてて、やる気をアップさせることに気をつけました

息子は自分で工夫して、作ることの楽しみに目覚め、おやつからチャーハンや冷やし中華といった昼ごはんも作るようになり、大学の友人からも料理男子と認められる腕前になりました
これで1人暮らしをするようになっても安心です

ほめておだてるだけじゃなく、注意点もしっかり伝える

おやつリストの中のおにぎりやパンは、温めれば食べられます

中学生になれば学校で調理実習も何度かやっているし、オーブントースターや電子レンジを使えるようになります
この時に使う時の注意点を忘れずに伝えることも大事です

オーブントースターの注意点
・トースター自体が熱くなるので、触らない
・加熱中のトースター上や周りに物をのせない
・中の物を取り出すときは、素手で取らない

電子レンジの注意点
・温める時にアルミホイルは使わない
・加熱し過ぎに気をつける
・加熱中に途中でドアを開けない
・中の物を取り出すときは、素手で取らない

他にも
・餅はレンチンだと溶けてしまうことがあるので、時間を短めにする
なるべくオーブントースターを使う

初めは面倒でも丁寧にわかりやすく伝えます
最近はIHもありますが、うちはガスコンロなので特に注意して使うように伝えました

いきなり私の不在中に火を使われても怖いので、一緒にパンケーキを作りながら、換気扇を必ず使うことや火力の調整について説明しました

料理を作って後片付けもすることで、料理男子が完成する

 

よく聞く話で旦那さんが料理はするけど、後片付けはしないとか、あちこち汚されて片付けが大変という残念な話

当たり前だけど、料理本やネットのレシピには後片付けのことについては何も書かれていません
そのせいか作って、食べて、おしまいなんですね
でも実際には使った鍋や皿が残ってます
ここまでやってくれたら、本当に嬉しい
息子にはここまでできる人になってもらおうと思いました

パンケーキを作ったあと、生地を入れたボールはそのままにしておくと洗う時に、なかなか落ちません
だから生地がなくなったら、ボールに水を入れて汚れを落ちやすくするなど、後片付けの仕方も教えましたし、食後に食器も片付けてもらいます

「次に使う人が、すぐにお台所を使える状態にしておく」と息子に言ってます

片付けを忘れた時は、声を荒げずに夕飯の支度ができないことを話して、片付けをやってもらいました
片付けが終わったら、ありがとうと礼を言います

息子にしてみたら、せっかく楽しく料理したのに、後片付けをしなかったために文句を言われてしまったら、次から作る気を失くします
それでは、せっかく教えたことも意味がなくなるので、後片付けも含めて料理を作ることなんだと最初に躾けることが大事になります

疲れてパートから帰って、夕飯作らなきゃと思って流しに行くと、洗い物がそのまま放置されていたら、イラッして料理する気が失せますし、片付けで時間を取られることも正直に伝えました

勉強については、できないことを怒ってしまい勉強嫌いにさせてしまったという反省から、失敗やうっかりミスについて怒らないように気をつけました
料理については目標である「自分で作って、片付けまで終わらせる」という流れを身につけてくれました

おかげで私が不在の時だけでなく、体調不良で寝込んでいる時も息子は自分で食事を作るので私はゆっくり休んでいられます
息子自身も大学で先生やゼミ仲間に料理をふるまってカブを上げています

まとめ

食べ盛り男子にお菓子や冷食を用意するよりも、家にあるものをおやつとして食べてもらうことで、余りものが減るし、特売日に沢山のお菓子や冷食を買い物をする手間が省けました

自分で作ることを教えたことで自炊できるようになり、私が不在時や体調不良でゆっくりしたい時に休めるようになりました

今後息子が社会人になり、独り立ちしても心配なく送り出すことができそうです

 

コメント