食べ盛り中高生男子のおやつ問題、ここから始める自炊教育

食育
スポンサーリンク

うちの息子、
離乳食が始まって物を口にするようになってから
ずっとよく食べる子です

 

風邪を引いて具合が悪く
1日中寝ていても

夕方にはお腹がすいたと言って
ご飯を要求します

 

そんな息子ですから
食べ盛りになってくると、
おやつも袋菓子1袋では足りません

 

だからといって
お菓子をたくさん食べていたら、
栄養のバランスが崩れます

 

この頃から
「おやつ=お菓子」という考えを改めました

 

おやつとは
食事と食事の間の補助食
と考えるようになりました

 

うちで今でも息子が食べている間食と
自分で作れるようになった方法をご紹介します

スポンサーリンク

食べ盛り男子の間食とは?

 

間食には
冷凍食品やレトルト
コンビニにはレジの横にも
中華まんや揚げ物など沢山あります

 

冷食などは家に買い置きしておけば
電子レンジやオーブントースターで温めて
子どもでも簡単に食べられて便利です

 

うちでも息子が中学生の時までは使っていました

が、高校生の頃からやめました

冷食、レトルトをやめた理由

理由は二つ

・添加物を避けるため

・息子が自分で食べたいものを作れるようになってほしかったから

 

食事と違って

選択の自由があるおやつタイムから自炊教育を始めました

息子が自分で作れるようになると
親はとても楽になりました

 

うちの定番、おやつ(間食)リストです

最初の頃は私が用意していましたが
現在は私が作ったり、買い置きしておいたり、
息子が自分で作ったりしています

 

おやつリスト

おにぎり

ご飯が余ったらおにぎりにして冷蔵庫保管
食べる時にしょう油や味噌をつけて、トースターで焼きます

たまに塩昆布やゆかりなどで味をつける時は
保存のきくものにします

 

炒り玄米

塩水につけた玄米をフライパンで炒ります
噛み応えがあります
昔の携帯食でした
日持ちするので、非常食にもなる優れものです

 

ミックスナッツ

市販品(塩など味のついてない小袋タイプ)

息子はいつも1,2袋持っているようです
私も小袋入りを持ち歩いています

ナッツは低糖質で、
噛み応えもあり腹持ちがいいし
保存もきくので携帯用におすすめです

寒い季節には温かい物を

 

お餅

オーブントースターで焼いて
磯辺巻きやきな粉餅にしたり

 

残りのお味噌汁があったら
温めたみそ汁に入れて
味噌雑煮もおいしいです

 

パン

チーズやソーセージをトッピングしてトースターで焼きます
菓子パンは砂糖を避けるため、買いません

 

最近ではパンはあまり買わないで自家製です

息子はパンをこねる作業が好きです
力のある男子がやると
美味しいパンができます

 

 

パンケーキ、カップケーキ

プレーンではなく、生地に具材を加えます
具材は、チーズやドライフルーツ、リンゴやバナナ

ひよこ豆や小豆の水煮があればそれもおすすめです
水煮の煮汁も入れることもあります

パンケーキに味がついていると
ジャムやシロップをつけなくてすみます

 

 

シチュー

耐熱皿に入れて、上からチーズをかけてグラタン風
下にご飯を入れて、ドリアにするとこれもボリュームアップで喜ばれます

 

干し芋

寒く、乾燥してきたら自家製干し芋を作ります

蒸したサツマイモをスライスして3日くらい干します
硬くなったら保存袋に入れて、冷蔵庫へ

干している1日目、2日目と口当たりが変わって、それぞれ美味しいです
干していくうちに、少しずつ数が減ってしまいますが
そういうつまみ食いも、自家製の楽しみの1つです

 

子どもが自分で作れるようにする

 

食事の支度だけでも大変なのに、
その上間食まで親が作るのは面倒です

 

最初は私が用意して
できるところから、息子に作ってもらうようにしました

食材に関心を持つきっかけにもなりました

 

トースター、コンロなどは学校でもすでに調理実習で使っているので
注意点や家のルールを伝えたら
ある程度息子の自由にさせていました

 

家のマイルールを伝える

 

中学生の頃は親との関わりを拒否するお年頃

一緒に作るよりも、作り方の説明をしてお任せしました

「自分で作った方がうまい」なんて言うようになれば
すかさず褒めました
そして「また好きに作っていいよ」と言って
作ってもらうことで私の手間が省けました

 

うちの場合は
自由にお任せしていたら
息子が焼きそばや冷やし中華をつくるようになり
夏休みのような長いお休み中、
昼ご飯を自分で作れるようになりました

 

注意点は、夕食用の食材を使われてしまうこと

 

使っていい食材は、トレーに入れておくなどして
わかりやすいようにしないと、
使う予定の物を食べられてしまったということが何度かありました

そこはきっちり説明して、
場所を分けることにしました

 

もう一つ大事なことは、片付け

 

パートの仕事から帰ってきて、
夕飯を作ろうと思っても
昼に使った食器や鍋が流しにそのままだったら
がっかりというか、ドット疲れが出ます

 

片付けてから夕飯の支度はしたくありません
そこもキッチリ息子に伝えました

 

小さい頃、おもちゃで遊んだら片付けるのと同じです

 

でもうちの場合は
片付けてから、夕飯の支度すると時間が遅くなるし
疲れてご飯作るのが適当になりそう

 

と、息子に言ったら
ちゃんと食器を片付けてくれるようになりました

早く夕飯が食べたいからですね

まとめ

 

間食に冷凍食品を使えば簡単です
電子レンジでチン!とすれば、
簡単に熱々の美味しいものが食べられます

その冷凍食品には、
添加物や砂糖など身体にいいと言えない物が入っています

同じものでも家で作れば添加物は入れないし、
砂糖を入れずに作ることもできます

 

友人とのつきあいで
コンビニのお菓子やスナック類を食べることがあるでしょう

ですから、
家庭では添加物のない身体に優しいものを出しています

そして、いつも作ってもらい食べるのではなく

自分で作って食べる、片付けるまでを伝えて
実際に習慣になるように教育しました

 

親から独立した時にコンビニ食やお弁当に頼らず
自分で栄養バランスを考えて自炊できるようにする
これも親の務めだと思っています

コメント