うちの息子は美肌男子、その秘訣は

食育
スポンサーリンク

高校生の頃から、
息子の肌は周囲の女子から注目されていました

 

その理由は、美肌
にきびがありません

 

クラスの女子から
「化粧品何使ってるの?」と聞かれ
「え?何も使ってない」と答えていた息子

今は大学で男子から
同じ質問されて
「本当に化粧品使う男いるんだな」
と驚いていました

息子は本来、
おしゃれに無頓着です
ですからお肌の手入れなど
全くしていません

 

朝起きて、
バシャバシャと水かお湯で顔を洗うだけ

 

髭剃り後は肌が荒れるので、
そこだけ保湿クリームを塗ってます

 

あとは化粧水や乳液の類は使いません
面倒くさいそうです

 

ですが、
周りからは肌がきれいと言われています

そんな息子の
美肌の秘訣をお伝えします

スポンサーリンク

うちの「食べない物リスト」

息子が高校生の頃から、
食べる物に気をつけるようにしました

受験勉強に集中できるように
また花粉症対策として

何を食べるか、よりも
食べない物を決めました

砂糖

 

基本的に、料理に砂糖は使いません

甘みが欲しい時は、
みりん、甘酒、蜂蜜、メープルシロップ

黒砂糖は、お彼岸にあんこを炊いたり
果実酒を作る時に使う分だけ買います
常備しません

市販のスイーツ

 

砂糖や油脂が多く使われているので
また口当たりを良くする添加物も
沢山入っているので買いません

スイーツを食べたい時は自家製
甘味にはバナナやドライフルーツ、
甘酒、蜂蜜などを使います

市販のスイーツを食べないと
果物やサツマイモなどの甘さでも
十分満足できるようになります

スナック菓子

 

塩分や油脂が多いし、
アミノ酸(グルタミン酸ナトリウム)などの添加物をとらないため

ファストフードやコンビニ食

 

スナック菓子同様の理由で

毎日の食生活にこれらを除いたところ
にきびなどは、できなくなりました

 

スイーツやスナック菓子などは
糖質が多く
食べなくなると
血糖値の急激な上下の変動がなくなり
精神的に安定します

イライラすることも減ります
すると
ストレスによる肌荒れも
緩和されると思います

 

しかしこれでは
食べる物がない!と思うでしょうか

 

そんなことは、ありません
うちで毎日食べている物は
シンプルなものばかりです

 

「まごわやさしい」は美肌食でもある

 

「まごわやさしい」を知ってますか?
毎日とりたい食品の頭文字を
つなげたキーワードです

 
 ごま、ナッツ類
 わかめ、海藻類
 野菜
 
 しいたけ、きのこ類
 芋類

このキーワードに含まれる食品を
うちでは毎日食べています

朝食は
ご飯とお味噌汁とお漬物

おやつに
素焼きのナッツや
焼き芋、干し芋、ふかし芋
ドライフルーツやナッツを入れた
自家製クッキーやケーキ

 

これだけで
「まごわやさしい」をクリアできます

お肌にいいと言われる食品

納豆ま」
大豆「ま」
アーモンド「ご」
ごま「ご」
海藻「わ」
にんにく「や
唐辛子「や」

イワシ「さ」
マグロ「さ」


レバー

うちで毎日食べているものが
お肌に良い食品だったのです

「肌は腸の鏡」と言われてます

 

お腹の中にある腸は
どんな様子か見えませんよね

でもその腸内のコンディションが
お肌に影響しているそうです

確かに便秘が続くと
吹き出物が出たりしますし

肌荒れや痒みがある場合は
腸内の免疫力が下がっていることと
関係してるそうです

油脂の多い食品や
食品添加物、化学調味料などで
腸内が荒れてしまうと
肌荒れにつながるのです

ですが
余計なものを食べずに
和食を食べてると
高い化粧品を買わなくても
息子のようなズボラな人でも
美肌になれるということだったのです

まとめ

 

うちでは息子が勉強に集中できるよう
また花粉症対策としてはじめた
「食べない物リスト」
「まごわやさしい」食生活が
美肌にもつながりました

あらためて
「私たちの体は食べた物で作られている」
ことを実感しますね

コメント