食育

食品添加物を使った加工食品は、身体が反応するから食べません

一定期間、食品添加物をとらない生活を続けると身体が変わります。美肌、太らない身体になります。そして、食品添加物が入ったものを食べたくなくなります。不便だけど、得られるものは大きいです。
私が思うこと

ググるだけじゃダメ!「トムとジェリー」最終回にふり回された

アニメ「トムとジェリー」の最終回の内容が悲しいと聞いてネットで検索したところ、情報に踊らされていたことが判明。ネットやマスコミの情報を鵜呑みにせず、自分で確かめることの大事さを経験しました。
食育

体に優しい食事を作り続けるための最初の一歩

身体にいい食事を作ろうとか、丁寧なご飯を作ろうと思っても、三日坊主で終わってしまうこともあります。そうならないための私のやり方、考え方をお伝えします
スポンサーリンク
食育

お水飲んでいますか?「お水が飲めない」人はもったいない

毎日お水を飲んでいますか?たまにお水は飲めないからと、お茶やコーヒーばかり飲む人がいますが、お水も美味しい飲み物です。小さい頃からお水を飲む習慣があると体にもいいですよ
私が思うこと

「震える牛」の読書感想、商店街と子ども食堂のことを思いました

食品の異物混入問題、安すぎる加工食品は危ないという話から、小説「震える牛」の話になりました。加工食品の安全性と地元商店街の関連について書かれているが、子育て世代にとって関心のある内容だと思いました。
私が思うこと

脳が疲れているお母さんに、山歩きをおすすめする理由

日々忙しいお母さんは、身体だけでなく脳も疲れています。そんな脳の疲れに山歩きがいいことに気づきました。脳の疲れになぜ山歩きがいいのか?
子育て 思春期

息子が宅浪で成功した3つのポイント

息子は予備校に通わず、宅浪で大学に合格しました。宅浪した結果、自己管理能力が上がり、大学に入ってからも人に流されず、充実した学校生活を送っています。
食育

小麦の除草剤(グリホサート)が検出されたという記事を読んで、食の安全を考える

女性週刊誌に掲載された、小麦粉から除草剤の成分、グリホサートが検出された記事を読み、国や企業の食に対する対応に違和感を感じました。家族の健康を守るのはどうすればいいか考えました
子育て 思春期

「彼女欲しいけど、誰かいないかな」というつぶやきに親の立場で考える

好きな人がいないけど交際相手が欲しい。そんな気持ちで付き合ったら相手に失礼だと気づいていない。自己中心になっていることに気付くよう、自分を見つめなおす時間が必要だと思いますよ
子育て 思春期

子どもに性教育していますか?息子に彼女ができたと知った時に渡したもの

子どもへ性教育をすることは大事。性についての情報は巷にあふれてます。行為に関する知識はあってもそれだけでは不十分。お互いの心と体をを傷つけないために、親として伝えておきたいこと。
スポンサーリンク